ザ浮気調査


最新浮気チェック 電話帳編
携帯電話
電話帳偏

電話帳編

メール編で紹介したような方法で運よく相手のメールアドレスがわかった場合(疑わしいも含)、まず携帯電話の電話帳アドレス検索機能にてどのような登録がされているのか確認しましょう。
苗字だけとか知人名でカモフラージュならまだしも、「非通知」なんて名前で登録されていたら大爆笑!100%不倫相手と思って良いでしょう。
家族でいるときに着信があって「何だよ、非通知かよ」なんて出ないことがあったら、それは浮気相手からの電話だったということです。

携帯電話のロック機能を利用している方もいるでしょうが、使っていない方も多いのは事実です。
中にはワンタッチダイアルや簡単トークなどに登録しているアホ(失礼)もいるので、一応はチェックしておきましょう。




まずは機種を極める
この為にわざわざ取扱説明書を入手したといっても過言ではありません。
パートナーの携帯電話の電話帳機能がいかなるものなのか、事前に十分理解しておいて下さい。
思わぬ情報(住所・勤務先・年齢・生年月日など)が判明するケースもあります。

シークレット登録は当たり前
浮気携帯と呼ばれるほどシークレット機能に優れたdocomo-Fシリーズ
メール着信や電話着信の気配すらみあたらず、シークレットモードにしない限りそれを確認すらできません。
ただ、そこまで優秀(?)ではなく、受信メールに未読はないのに受信メールマークが出ているとか電池残量マークの色がかわるなど、何か手掛かりがる機種が多いのも事実です。
ここでも前項き記載したことと同じく機能を把握しておくことが必要です。

暗証番号は解読不能?
初期設定は携帯ショップで登録したものです。
「0000」または「1234」といった初期設定のまま使用されている方も多く、試す価値はあります。
携帯電話が手元にあるのであれば旧型の4桁暗証番号のあでれば、解読ソフトを使えば1分もしないうちに解読が可能。
8桁設定で設定されている場合は解読は難しく、今のところショップで再設定するほかありません。


[運営探偵社]
愛知県名古屋市の探偵社
ガルエージェンシー名古屋駅西
三重県四日市市の探偵社
ガルエージェンシー伊勢湾
[HOME]