ザ浮気調査


浮気の言い訳No1

夫婦関係の破綻
夫婦関係破綻の定義はケースバイケース。
別居して○年、生活費を入れなくなって○年、家庭内別居、セックスレスの期間
婚姻期間によっても違いますので一概にこれといったものはありません。
ただ、浮気をしている側が離婚したいあまり無理やり別居に持ち込み、夫婦関係の破綻を理由に慰謝料請求を逃れようとしたり、離婚に持ち込むなどは出来ません。

離婚覚悟での浮気の言い訳の8割が
  「既に婚姻関係は破綻していた」

当探偵社で行った無数の浮気調査によって不法行為における損害賠償請求(浮気の慰謝料請求)を行った結果、相手が夫婦関係の破綻を理由に請求の破棄または減額を主張した割合は全体の80%!
浮気相手への請求も「既に破綻していたと聞いていた」と主張することが非常に多いのです。

逆に愛人からの慰謝料請求の可能性も
不法行為の要件を満たすには、相手に故意はたは過失があることが条件です。
不倫相手が既婚者と知っていながら(故意)、または知り得たにもかかわらず(過失)、肉体関係を持った場合、不法行為が成立します。
したがって、不倫相手が本当に既婚者であることを知らなかった場合、または推測できる立場でもなかった場合には慰謝料を請求することはできません。
パートナーが独身と偽り、浮気相手と交際し、その相手に結婚をする約束などをして精神的被害を与えた場合などには逆に相手からパートナーに慰謝料請求をされる可能性がありますので注意が必要です。
ただ、浮気調査や信用調査にて相手が既婚の事実を知りえる立場であったことが判明するケースは多々あり、慰謝料から逃れる為に知らなかったと偽る場合も多いので、そういった時はあまり問題にはなりません。



正直なところ、長年探偵をやっている者であれば「夫婦関係の破綻」という言葉は耳にタコが出来るくらい聞く台詞なのです。
ですので、私のところに来る相談者さんには、相手がそのような反撃に出る可能性なんてことは織り込み済みで、100%説明していますし、対抗処置も講じて貰っています。
一緒に家族旅行に行った、食事に行った、買い物に行った、こんなビデオを一緒に見たなど、どんなことでも証明できるよう記録していて貰いますし、単身赴任で別居中と偽られる可能性がある時には掃除にいって食事を作ってもらうとか、可能性があることなら全てです。
夫婦関係があった時に避妊具を残しておいてくれたりして頂けたら、そりゃもう、100万%相手の主張は通りません。 
※行うまでもないがDNA鑑定で楽勝
家庭内別居状態だったといった主張など崩すのは造作もないことですし、そもそも、そのような嘘が通用するほど甘くはないのが実情です。
当然、そういうことを前提に調査を行っていますので、調査中に判明したことは全て依頼者さんにお知らせしております。

しかしながら、離婚を前提に別居して○年経っている。
本当にそのような別居後に浮気相手と知り合ったなどといったケースでは慰謝料請求が認められるのは難しいです。

ただ、浮気調査は有責配偶者からの不当な離婚請求を避けるという意味でも有効なものであるのは事実ですが、パートナーの心が完全に貴方から離れ、今後も修復しがたい状況であるのが明らかな場合、法律上の婚姻関係はなんとか継続可能であるにしても、その婚姻関係は意味のないものになってしまうのではないでしょうか。
そういった時にはせめて一方的に損をしない条件の上、本意ではないにしても離婚に応じる決断をすることも必要だと思います。
貴方の貴重な人生をこれ以上、望みのないことに無駄に費やすよりも、見切りをつけて、新しい一歩を踏み出した方が有意義な人生になるということも考えておいて下さい。

[運営探偵社]
愛知県名古屋市の探偵社
ガルエージェンシー名古屋駅西
三重県四日市市の探偵社
ガルエージェンシー伊勢湾
[HOME]

[運営探偵社]
愛知県名古屋市の探偵社
ガルエージェンシー名古屋駅西
三重県四日市市の探偵社
ガルエージェンシー伊勢湾